12月 2017Archive

友達

今日は遠征で仲良くなったユカちゃんとご飯を食べに行きました。宇都宮周辺の居酒屋で食事しました。一緒のお店で働いている女の子とこうして外で会うのは初めてでした。仕事のことやデリヘル嬢ならではの悩み等お酒も進むにつれ夜遅くまで話していました。お互い現役なため、お互いの悩み事が痛いほどわかるしとても共感しました。悩み事や愚痴を言いあえる友だちができたことがとても嬉しかったです。ユカちゃんは本気でお客さんのことを好きになってしまったことがあるらしく、その時はめちゃくちゃ悩んだとのことです。お客さんのことが気になってしまって毎日今日は会えるか期待してしまう日々でした。その人は既婚者でもなくお付き合いしてる人もいるわけではないのですが、キャストとしてお客さんに告白してしまっていいのだろうか、そもそもこんな仕事をしている以上、告白なんて到底出来ないなと感じていたらしいです。また気まずくなってしまえばもう二度と会うことは無くなってしまうかもしれないという恐怖もあります。そんなことを一人で考えてしまって毎日辛かったそうです。ユカちゃんのそんな気持ちが会話の端々や雰囲気から伝わったのか、そのお客さんからそれとなく自分への好意について聞かれたそうです。そこで正直に伝え、告白したそうです。結果は彼に好きな人がいたらしく付き合うことはできなかったそうです。ユカちゃんのことを思ってそのお客さんは今日が最後にすると言われ、とても深い悲しみに襲われて一時期メンタルがどん底に落ちてしまったそうです。しかしユカちゃんの好意について知らないふり気づかなふりをしてしえばよかったところをわざわざユカちゃんのことを思って行動してくれたそのお客さんの優しさを感じ、前を向いて頑張ろうと今はふっきれているそうです。ユカちゃんのその切ないお話を聞いてついつい涙が出てきそうになってしまいました。いつかユカちゃんにはきっといい人が見つかると思うので幸せになってほしいなぁと感じます。ユカちゃんも私と同じで、彼氏ができたらこの仕事を辞めようと考えているそうです。この仕事を辞めた後もしっかり就職できるように今はいろんな資格を取るため勉強を頑張っているそうです。この仕事で培ったコミュニケーション能力や接客の対応など生かしながらここで学んだことをこれからも無駄にしないよう頑張っていきたいと思います。

女性の外見が花盛りな時期はあっという間に終わってしまいます。その後は外見よりも中身が問われてくるようになります。そうなった時にすっからかんの魅力のない人間にならないように一人の人間として成長していきたいと思います。若さはそれだけで価値があります。どんどん歳を重ねて若くなくなった時、自分に価値を創り出していかなくてはいけません。自分はどんな人間になりたいか、尊敬している人がいるならどんなところを真似したいかなどしっかり考えていきたいと思います。