接客について

接客について

接客について

今日はとても若いお客さんが来て、今日がデリヘル自体初めてかつ、童貞とのことで責任感重要な感じがして頑張りました。お客さんはやはり初め緊張している様子でしたが、こちらから積極的に話しかけたりボディタッチをするなどしていくうちに緊張がほぐれたようでとても打ち解けていきました。緊張していると射精が遠のいてしまうのでどれだけリラックスさせてあげられるかが重要だと思い、密着して頑張りました。若いだけあって反応が良くいい流れになってきました。徐々に徐々に刺激を強めにしてだんだんと一番敏感な箇所を責め立てました。お客さんは初めての感覚に戸惑っているようでしたが、だんだんと快感に身を委ねて無事にフィニッシュとなりました。お客さんはとても満足してくれたみたいで、ホッとしました。初めてをいい印象にしたかったので安心しました。本当はちゃんと好きな恋人としてほしい気持ちがありましたが、宇都宮の数あるお店の中でもここを選んできてくれた以上、プロとして頑張りました。初体験は本当に大事な記憶として私は残っていますが男性にとっては女性よりもそんなに重きを置かないのかもしれません。

仕事が終わりゆっくりビールを飲みながら至福の時間を過ごしていました。今日はお客さんの中でもお気に入りの人が来てくれて、その人の接客はとても楽しいです。どうしても人間なので気持ち的にどんなに平等を気をつけていてもその人相手だと思い入れが違ってきてしまいます。すごく私のことを気にかけていてくれて、とてもやさいいのですがお客さんと言う一線は超えずに踏み込み過ぎないところで、陰ながらサポートしてくれています。女性と真剣に付き合うのが疲れたというその人はフランクに接することができるこういったお店を利用して、女性と肌と肌を合わせるくらいが今は丁度良いそうです。疲れたというのは真剣に向き合って接してきた証なのでしょう。真面目なその方は女性に裏切られるのが怖くなったように私からは見えました。そんなお客さんの孤独を癒すべく精一杯愛情を込めていつも接客しています。お店のキャストとお客さんという関係ですが、そこには確かに情があって、お互いに幸せになってほしいと思う大事な人です。いつかお店を利用しなくてもいいくらい心から満たされる大事な人ときっとこれから出会うことでしょう。大事なお客さんだからこそ、この店からの卒業を陰ながら祈っています。会えなくなってしまうのはもちろん寂しいですが、お客さんが幸せになれるようにいつも愛情を込めて接しているのでその思いが届いたということでもあります。役に立てたのならとても嬉しいと思います。人の気持ちを蔑ろにしてしまう人は、時に心優しい人を深く傷つけてしまいます。優しいからこそ繊細な面を持ち合わせているその人にはその優しさが報われるようにと陰ながら祈っています。この仕事は時として一人のお客さんの心に深く残る可能性がとてもあるので自覚して接客流ことが大事だと思います。

admin